食べるジャムウってどんなもの?

食べる ジャムウ,ジャムウ 食べる ウコン

 

お酒を飲む前にウコンのドリンクを飲む人よくいますよね。しかもかなり効果があるとも聞きます。食用に使われるのは春ウコン。秋ウコン、紫ウコン、クスリウコンの4種類だけなんだそうです。

 

ジャムウで有名なインドネシアではポピュラーなクスリウコンは食べるジャムウの一つ。スパイスなど薬草としても常用されているのです。

 

 

日本でも香辛料として使われてるウコンの効能について

 

日本ではターメリックとしてカレーなどの香辛料として、聞いたことがあるのではないでしょうか。元々日本ではかなり貴重でサプリやドリンクに使われます。

 

二日酔いで疲れた肝臓に、優しくケアしてくれるとして今や本当に人気ですよね。

 

ウコンの黄色い色素は、クルクミンと言われポリフェノールの一種、アルコールの分解・中性脂肪の消化・吸収の手助けをしてくれます。

 

お酒を飲む機会が多い時や、胃腸の弱い人には頼りになる成分なんです。

 

また男性には精力アップにも良いとされているんだとか。お酒を飲まない人は脂肪肝とか肝炎等にも効果があります。

 

インドネシアではトゥムラックと呼ばれて、ショウガ科に属しており、その種類は50種類ほどにもなるんだとか。

 

料理やサプリメントから摂取して効果を得る!

女医 指し棒

ジャムウとして古くから伝わるクスリウコンは、クルクミンが多く含まれていてます。春ウコンや秋ウコンと比較しても1・5倍の解毒作用と抗酸化物質をたっぷり含んでいるそうです。

 

不要な老廃物は排除してくれて、栄養素も豊富、健康的な美しさを手に入れられる言われています。

 

とは言え、このままでは独特の苦味でとてもそのまま食べられるものではないので、料理とかサプリメントなどで摂取するといいでしょう。

 

カラダの内側から健康的になって代謝も良くなるので化粧のリも改善して着ますし、アンチエイジングや美肌効果も期待出来ちゃいますね。

 

サプリメントで有名なメーカーなどからも出ているので、かなり効果も実証されているんでしょうね。

 

参考:飲むジャムウサプリで健康や魅力をアップ?ページ

 

ウコンの種類や効果とは?

ウコン

他にも春ウコンはお腹の調子を整えると言われていますし、秋ウコンは、肝臓機能の改善と血管の健康を守る働きがあるんです。

 

紫ウコンにはクルクミンは含まれていなくて精油成分、ミネラル、アントシアニンを含んでおり、血行改善の作用があるそうです。

 

ウコンには他に、リン、鉄、カルシウム、マグネシウムなどの栄養素を含んでいます。

 

体内に摂り入れる事で、肝臓で生成される胆汁の分泌が促進されて、肝臓の解毒作用が高まるために、肝臓機能が向上されると言われているんだそうです。

 

また強い抗酸化作用によって血中の悪玉コレステロールの酸化を防いでくれるので動脈硬化や脳卒中、心臓病予防にもなるんだとか。ジャムウにも使用されるウコンのパワーは凄いですね!

 

 

 LINEで送る

⇒ TOPページ ジャムウ石鹸 ランキング

食べるジャムウ?クスリウコンとは関連ページ

塗るジャムウとは?
飲むジャムウで健康や魅力アップ!