解消法とは?成功例が知りたい

セックスレス 解消 方法,セックスレス 悩み 解消

 

セックスレス問題に関しては、問題が起こった原因と合わせてどのような方法で解決したのかという事例にも注目が集まっています。

 

インターネットの質問サイトにも「どのような方法で解決したか教えてください」といった質問が多く寄せられているようです。

 

しかし、このような類の悩みにつきものなのが悩んでいる側に対して配慮がなされていないような回答が多いということ。

 

真剣に悩んでいるのに、という想いを持っていると逆に気分を害するということもよくあるのだそうです。

 

セックスレスの定義とは?

セックスレス

1か月以上性交渉がない場合に、セックスレス状態であると定義づけられています。

 

しかし、このような状態から脱却して、元の関係に戻ったというカップルも少なくありません。

 

結婚後にセックスレスになりやすいのが、出産後です。出産後の女性は、育児メインの生活で日夜問わず忙しく過ごしています。

 

心身ともに疲労がピークに達している状態で求められても、そのような状況ではないと断られるという事例が多いです。

 

女性側から拒まれ続けた男性側の性的欲求はたまる一方で、パートナー以外の方との性交渉に興味を持ったり、実際に行動に移してしまうということもあるのだそうです。

 

出産後にも性交渉をしなくなりやすい原因とは?

女性 妊娠中

出産後の女性の体内は、妊娠中の状態から産前の状態に戻るために、ホルモンの分泌が劇的に変化している状態です。

 

女性らしさを高めるエストロゲンよりも、母乳の分泌を促進させるプロラクチンやオキシトシンの分泌量が多くなります。

 

プロラクチンとオキシトシンは、性交渉中にも分泌が促進されるホルモンなのです。

 

なので母乳育児中の女性の身体は、分泌されているホルモンの違いで常に性的欲求が満たされている状況が続いているのだそうです。

 

このような状態の変化は、男性側には情報として伝わっていないというのが現状です。

 

男性側も、女性の体内で起こっている変化を把握しておくことが大切なのだということがわかります。

 

セックスレスの解決策について

ハート

忙しいからという理由で、セックスレス状態が続いているという事例もよく耳にします。忙しい状態というのは心に余裕がない状態です。

 

少しでも心に余裕を持っておくと、相手のことを気遣う気持ちが増してきます。

 

しかしセックスレス状態を早く解消するために無理やり時間を取ったり解決策を講じようとすると、逆に相手側は心を閉ざしてしまうということもあります。

 

あまり前のめりにならず「ほんの少しだけゆとりを持つ」ということを心掛けることが、重要なのです。心の変化と合わせて外見の変化ということも、セックスレス問題の解決策として取り上げられています。

 

外見に変化を加えるとかインテリアに工夫を凝らすという方法などありますが、これもやり過ぎると逆効果をもたらしてしまいます。

 

哺乳類は、異性を惹きつけるために香りを出して相手を誘うといわれています。

 

これは「フェロモン」の語源ともなっています。本能を呼び覚ますという意味でも、アロマやお香を使って性的欲求を高めるという方法が人気を集めています。

 

ラベンダー、イランイラン、ネロリなどには女性の魅力を高める効果があるといわれています。

 

産後レス、すれ違いレスなどそれそれの原因に即した対策法を取って徐々に解決の方向に向かうようにすることが大切なのではないでしょうか。

 

 

 LINEで送る