女性の体を守る大切な役目を持ったオリモノとは?

オリモノ 正常,オリモノ 臭い,オリモノ 色

 

女性なら、一度は経験した事があるオリモノの嫌なにおい。誰かに気づかれないかとヒヤヒヤ、そんな心配は人に相談しにくいもの。こんなものなんてなければいいのに・・。そう考えてしまっても仕方のない事ではありますが、実は、オリモノには重要な役割があります。

 

 

元々、女性のデリケートゾーンは、男性の体とは違い、複雑な構造をしています。特に生殖器は、外陰部、膣、子宮といった内部が繋がった状態にあり、それはつまり内部が空気に触れているという事です。外気に触れる事で、膣内は雑菌が増殖しやすい環境に置かれてしまっています。

 

更に、膣口は大腸菌が繁殖しやすい肛門付近に位置し、本来なら危機感を抱かなければならないところです。しかし、そんな時に活躍してくれるのがこの「オリモノ」。オリモノとは、大切な生殖器を雑菌から守る為、分泌されています。

 

 

また、膣内を清潔に保つだけでなく、精子が子宮内を進みやすくする役割も担っていて、女性の体にとってなくてはならないもの。つい量や臭いにばかり目がいきがちなオリモノも、本来は歓迎すべき存在なのです。

 

 

一般的なオリモノの量とにおいの目安とは

 

オリモノ 正常,オリモノ 臭い,オリモノ 色

おりものに関する悩みは、とてもデリケート。それゆえ、仲の良い同性にすら話しにくいもの。自分のこの状態が、はたして普通なのか、そうでないのか。今回は、一般的なオリモノの量とにおいについて解説します。

 

まず、オリモノの量ですが、排卵日前や生理前は量が多く、驚かれる方もいると思います。

 

しかし、これは女性ホルモンの分泌が盛んな20〜30代であれば、ごく当たり前の事。下着にオリモノが水っぽい流れるような感覚や、大量に落ちるような感覚がしたとしても、それほど心配する必要はありません。

 

 

気をつける点とは?

 

反対に、気をつけなければいけないのがにおいです。通常、オリモノのにおいは少し甘酸っぱさを感じますが、下着をつけていれば外に漏れるほどではありません。

 

また、生理前はいつも以上に、においが強くなるものの、自然なサイクルと言えます。オリモノのにおいは体の新陳代謝が衰え始める30代から強くなりますが、これも他人から分かるほどではありません。それなのに、腐敗臭やチーズのようなにおいがする場合は要注意です。

 

 

健康な女性のオリモノは、透明、あるいは半透明。そして少し甘酸っぱいにおい。排卵前こそ粘り気のある状態ですが、その後はのり状になります。下着についた際、黄色く変色する場合もあるものの心配する必要はありません。

 

しかし、これとは違い、オリモノが強烈ににおう、緑色に変色する、ポロポロとしたカッテージチーズ状になるというのであれば、婦人科系の病気や性病に感染している恐れがあります。一人で悩まず、医療機関に相談しましょう。

 

 

オリモノのにおい対策法&解消法

 

オリモノ 正常,オリモノ 臭い,オリモノ 色

 

婦人科系の病気、性病のおそれがあるオリモノに関しては、医療機関の受診が必要です。しかし、通常のオリモノであれば、セルフケアでにおいを予防する事ができます。

 

まずは、ジャムウなどを使用し、デリケートゾーンを清潔に保つ事。そうでなくても、女性のデリケートゾーンはむれやすく、雑菌の温床になりかねません。

 

 

肌に優しいジャムウでのケアがオススメです!

 

毎日、お風呂に入っているから大丈夫と、安心している方もいるかもしれませんが、実は、女性の大陰唇、小陰唇は溝に汚れが溜まりやすく、シャワーをかけたくらいでは落とす事ができません。溜まった汚れを落とすには、デリケートゾーン専用の石鹸ジャムウソープなどで、優しく手洗いする事です。

 

その他、なるべく通気性のいい下着を身につけましょう。下着での摩擦、むれは、オリモノのにおいに影響を及ぼします。汗やオリモノで下着が汚れたら取り替えるなど、なるべく気にかけてあげる事が大切です。

 

 

 LINEで送る

⇒ おすすめケア ジャムウ石鹸 ランキング