オリモノの変化で気になること

おりもの 細菌性膣炎 ホルモン,おりもの 細菌性膣炎 関係

 

女性にとって、おりものの量や色、また臭いはとっても気になる問題ですよね。毎日生活をしていると、ホルモンバランスの変化によって、量やにおいに異常が感じられることがあります。

 

いったい私たちの身体を左右するホルモンと、おりものの質や働きはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

ホルモンと細菌性膣炎

ホルモンバランス ジャムウ

まず知っておいていただきたいのは、ホルモンバランスによっておりものの量やニオイに変化があることは普通のことということです。

 

ですので、少し変化があったといって特に心配をする必要はありません。ですが、細菌性膣炎の場合は事情が違ってきます。

 

 

細菌性膣炎は、雑菌に感染してしまい炎症を起こしてしまうことです。おりものの量いつもと比較し異常に増えたり、魚臭いような生臭い匂いが続くときはちょっと気にしたほうが良いかもしれませんね。細菌性膣炎に感染している可能性があると言えます。

 

しかし、この炎症は性病ではありません。体内に常在している細菌が過剰に繁殖してしまって起こることです。一般的には膣内のデーデルライン菌が支配していますので大丈夫なのですが、これが減少してしまうと悪性の菌が繁殖して炎症を起こしてしまうのです。

 

加齢やホルモンバランスでニオイは変化する?

おりもの 細菌性膣炎 ホルモン,おりもの 細菌性膣炎 関係

先ほども述べたように、おりものは女性ホルモンの影響を受けて量や状態が変化します。

 

生理前や排卵期は特におりものの量は増えたり、排卵日近くになってくると粘り気のあるものから、サラサラした水のようなおりものになることもあります。

 

しかし、これは全然特別なことではありません。生理前のおりもののニオイがきつくなってしまうのも、正常な働きだと言えます。

 

 

アソコのニオイが強くなるからと言って、ビデや石鹸で洗いすぎてしまうと、逆に雑菌が入って臭いがきつくなっている場合もあるようです。

 

ずっとおりものシートをつけていないといけないくらいの量や、膣においは膣内のバランスが崩れている可能性があります。ですので、普段からデリケートゾーン石鹸で清潔に保ったりしてケアしていくことをおススメします。

 

においや量が改善されない場合は、婦人科の先生に診てもらうこともおススメします。

 

 

 LINEで送る

細菌性膣炎とおりものの変化関連ページ

おりものの働き
おりものの色や匂いって?