除毛クリーム 使用する際の注意点とは?

除毛クリーム,除毛クリーム デメリット,除毛クリームの選び方

 

女子の憧れは何と言ってもツルツルでスベスベの腕や脚、脇、Vラインですよね。カミソリや毛抜きは直接肌を傷つけてしまったり、毛根がちぎれて炎症を起してしまったりとトラブルを経験した女性も多いのではないでしょうか。

 

それでもなかなか、高額な費用のかかる脱毛サロンや、永久脱毛にはチャレンジ出来ない。なんとか自分で簡単に自宅で処理できないだろうか?という悩みって良くわかります。

 

ドラッグストアにもT字カミソリや、毛抜き以外にも脱毛テープとか除毛クリームの種類って沢山あるんですよね。

 

脱毛クリームの中には、お肌に優しい成分を配合しているものも、最近では良く見かけると思います。でも本当にデメリットは無いのでしょうか。

 

 

除毛クリームの成分 タイプ

 

除毛クリームにも色々種類があって、脱毛クリームや泡タイプの除毛フォームですとかが目につきます。いずれも薬剤を使って毛を溶かして脱毛処理する方法ですね。

 

除毛クリームはチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が含まれて、その成分の働きによって毛を溶かすのです。

 

クリームを塗って数分放置した後にふき取ったり、洗い流したりするので、簡単にムダ毛のケアが出来ます。

 

毛抜きやカミソリと比較しても、痛みも無く傷の心配もありません。処理後の状態もキレイなので利用している女子は多いのではないでしょうか。

 

肌の負担がある場合も‥

しかしカミソリなどで起すダメージはありませんが、敏感肌の場合この薬剤による肌のダメージはやはりあるのです。

 

毛を溶かす事と一緒に、肌の保護膜まで一緒に溶かしてしまっているのです。また永久脱毛ではないので繰り返し脱毛する必要があるので更に肌への負担が大きくなる点は否めません。

 

このような脱毛クリームを使用してみては?

 

最近のj除毛クリームには、脱毛だけではなく抑毛効果として、今後生えてくるムダ毛の育成も抑えると言われているものもあります。

 

クリームだけではなく、ジェルやローションタイプも出てきているようですが、実際の効果として商品の口コミ等では、効果が期待出来ないものなどもあり、あまり評判がよくないケア商品もある様です・・。抑毛効果も高く、お肌に優しい成分でできたケアを選びましょう。

 

ましてデリケートゾーンの利用を想定していないものが多いので、使用する部位には注意をしなければいけません。

 

使用する前には肌への負担を軽減する為にも必ずパッチテストをしてほしいものです。女性ホルモンの周期などによっては肌荒れを起す可能性もあるので、生理中等はさけるように注意事項も記載ありますのでしっかり注意事項は確認しておきましょう。

 

また薬剤を使う事で肌の保護機能が減少しているので、処理後は保湿クリーム等でしっかりケアしましょう。

 

 LINEで送る

TOP ⇒ デリケートゾーン 石鹸 ページ