月経周期やホルモンリズムとは?

月経 周期,生理 周期,月経 影響

 

女性には、男性にはない特有の生理があります。これは女性にとって憂鬱な場合もありますが妊娠していくために、女性らしくあるために大切なものです。

 

この生理周期を理解しておくことで、より楽しく心身ともに充実した生活を送ることができます。

 

 

月経周期のメカニズムとは?

月経 周期,生理 周期,月経 影響

排卵すると、エストロゲンプロゲステロンの分泌は、25日〜38日の周期で変動して、月経を引き起こすと言われています。

 

この状態によって基礎体温も上がったり下がったりするのはご存知ですよね。月経周期はホルモンによって調節されています。

 

 

下垂体から分泌される黄体形成ホルモンは、排卵を促進させるだけではなく、卵巣を刺激してエストロゲンとプロゲステロンの分泌を促してくれます。この2つの女性ホルモンは、子宮や乳房を刺激して、受精を可能にする準備を整えてくれると言われています。

 

月経周期は卵胞期・排卵期・黄体期、に分けられます。

 

卵胞期

脳の視床下部から卵巣を刺激するホルモンを出しなさいと指令を受け、ホルモンを分泌する期間です。

 

卵胞が成熟する過程でエストロゲンが分泌され、受精卵を受け入れる準備をしてくれる期間になっています。例えば生理周期が28日の場合、月経がはじまってから排卵するまでの14日間。この時期の基礎体温は比較的低体温が続く時期でもあります。

 

排卵期

この時期にはエストロゲンが十分分泌されます。

 

これが刺激となり、下垂体から排卵を促すホルモンが分泌されます。成熟した卵胞が破れ、中から卵子が排出され排卵を迎えます。ホルモンバランスによって、オリモノ 臭いや量が増えたりするのも、この時期が多いです。ジャムウ 石鹸でお手入れしていきましょう。

 

黄体期

卵子が排出されると、排卵後の卵胞は黄体に変化していきます。

 

そして黄体ホルモンが分泌されます。このホルモンはエストロゲンによって厚くなった子宮内膜に作用して、受精卵が着床しやすいように働いてくれます。基礎体温も上昇する時期です。

 

月経

月経 周期,生理 周期,月経 影響

そして生理を迎えます。妊娠しないと2つのホルモンレベルは激減し、生理を迎えます。

 

この時期は、月経痛や頭痛、胃の痛みなどの症状が出る人も多く、気分的にもブルーになりやすい時期ですよね。

 

 

この4つの周期を繰り返しているのですが、各周期の働きをよく理解しておくことで、より健康な生活を送ることができます。

 

ぜひ参考にして、大切な自分の体の調子と向い合ってみてくださいね。

 

 

 LINEで送る

愛肌ソープ ホルモンバランスを整える!?ページヘ

月経周期とは?関連ページ

女性ホルモンの働きについて
エストロゲンとは?
プロゲステロンとは?
身体のリズムと女性ホルモンの関係とは?
女性ホルモンバランスを整えたい!その為に知っておきたい、女性の身体特有のリズムとは?またおすすめ食材や栄養素等もご紹介。要チェックです!
女性ホルモンをアップする 美肌成分てどんなもの?