嫌なお尻のおできを、スキンケアでつるつる対処しよう

お尻にニキビができてしまう要因は?

お尻のおでき スキンケア,お尻のおでき 対処法

 

ニキビは顔にできるものと思われがちですが、実は、体の様々な場所にできてしまうもの。

 

背中、首周り、ふともも、見えにくい個所で言うと頭皮もです。そして、忘れてはいけない個所がお尻の肌トラブル

 

お尻はケアしにくい部分でもあり、ニキビができてしまうと痛みが強かったり、不快感が大きかったりと問題です。また、お尻ニキビと似た粉瘤もできやすいと言われています。

 

ニキビができる要因としては、皮脂分泌が異常を起こし、そこにアクネ菌が増殖してしまうからです。お尻は、顔や首周りよりも皮脂が少ないとはいえ、身体の全体的なパーツで言うと皮脂が溜まりやすい特徴があります。

 

また、お手入れに関しては顔などを重視しがちの為、ついお尻に対しての意識が甘い事も原因の一つです。

 

 

また、座っている間はむれやすい上に洋服との摩擦も大きく、アクネ菌の温床になりやすい事が多いのです。いくらお風呂で綺麗にしているとは言っても、他のパーツと比べると清潔感を保つのが難しく、なかなか外出先でケアできないのが実情です。

 

まずは入浴時、ジャムウソープなどのデリケートゾーン石鹸で、優しく洗って、お肌の潤いを取り過ぎず、清潔にすることが重要です。

 

 

これはニキビ?粉瘤?その見分け方をチェック

 

お尻のおでき スキンケア,お尻のおでき 対処法

 

ニキビに良く似た出来物で、粉瘤というものがあげられます。この粉瘤は、垢や皮脂が内側に溜まった時にできる良性の腫瘍の事を指します。見た目こそニキビに似ている為、自分では気づきにくいですが、セルフケアだけで放っておくのは非常に危険です。

 

放っておくと炎症を起こし、細菌感染、そして傷跡になって残ったりと散々な目に合います。ニキビと違い「少し治りが遅いかな?」と思ったら、必ず専門医の治療を受けるようにしましょう。また、粉瘤はお尻以外の個所にもできる可能性がある為、自分だけで何とかしようとせず専門医への相談がオススメです。

 

 

見分けるポイントとしては、毎回同じ場所にできるかどうかです。粉瘤はいつも同じ毛穴に発生し、その毛穴が窪んでくると言われています。また、ニキビよりも腫瘍が硬く、大きく腫れ上がり、痛みを伴います。

 

治ったように見えても再発を繰り返す事が多く、完治には手術が必要です。

 

 

おできもお尻のダメージ。しっかり保湿しながらケアして

 

お尻のおでき スキンケア,お尻のおでき 対処法

ニキビ、粉瘤、そしておでき。

 

おできもニキビと間違えやすい症状ですが、毛穴詰まりが原因で発症するのと違い、おできは毛穴よりも深い毛包と呼ばれる部分に細菌が入り込んで化膿したものです。

 

 

お尻 おでき 原因には様々な事が考えられますが、最も気をつけなければいけないのがストレスです。おできは、ストレスにより免疫力が低下した際に、よく起こります。

 

お尻の皮膚は、とてもデリケートです。摩擦、むれ等に、影響を受けやすいパーツなのです。お風呂に入った時は、優しくマッサージしながら洗い、ボディソープはしっかり流すようにしましょう。

 

 

そして、洗い終わった後はピーチローズなどの専用美白ジェルでたっぷり保湿をする事を忘れずに。日々のスキンケアで、つるつるヒップを目指しましょう。

 

⇒ TOPページ ジャムウ石鹸 おすすめ

 

 

 LINEで送る

Peach Rose

お尻のおでき?ニキビ?スキンケアは?関連ページ

お尻の肌荒れを治す方法
お尻の肌荒れを綺麗に治す方法を紹介しています!このままお尻ニキビがブツブツしていると、恥ずかしくて彼氏にも見せられない。。女性の切実なお悩みですね。こちらではお尻肌荒れの原因や、本当に効果的だったお手入れ方法も載せています。要チェックです!
ニキビや黒ずみを作らないために!