セロトニンを増やす方法

セロトニン 増やす,セロトニン 増やす 方法
更年期障害は、閉経前の女性の多くに発症する症状と言われ、程度の違いはありますが、何かしら不調を感じる場合が多いのではないでしょうか。

 

一般的に卵巣の機能が衰える事から、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れ自立神経に影響を及ぼすと言われます。

 

個人差があるので殆ど症状を感じない人もいますが、多くはイライラや倦怠感、ホットフラッシュ、冷え、めまい、頭痛やむくみなど等多くの症状が見られます。

 

また、この50歳前後というと自分を取り巻く環境が変わったり、夫の定年や介護など強いストレス等も加わり、症状を更に悪化させてしまったリするのです。場合によっては、更年期うつになってしまう方も少なくありません。

 

 

エストロゲンの減少による生活習慣病とは?

はてな

エストロゲンの減少は更年期障害以外にも骨粗鬆症や動脈硬化など生活習慣病のリスクも高まっていくのです。

 

早めに自身のライフスタイルを見直して少しでも元気に若々しく生活していくにはどうしたら良いのでしょうか。

 

そもそも、更年期うつやイライラなどが発生する原因として、エストロゲンの分泌低下からくるセロトニンの減少、男性ホルモンであるデストステロンの増加などが影響していると言われています。

 

セロトニンは別名を「幸せホルモン」と呼ばれる脳内物質で自律神経に働きかけて興奮や快楽に関係するドーパミンと不快感に関係するノルアドレナリンのバランスを整えてくれる役割を持っています。

 

セロトニンの減少でうつ病にもなりやすい?

女性 鬱

加齢や強いストレス、また不規則な食生活や睡眠不足などが続くとセロトニンが生成されず、ホルモンバランスを崩すきっかけにもなってしまうのです。

 

セロトニンの減少は不安や焦燥感など精神に関わる疾患になりやすく、うつ病の原因になる事はよく知られています。

 

また、身体の疲労にも深く関わるとされています。それではこの物質を増やす為にどのように改善していけばよいのでしょう。

 

セロトニンをアップするやり方について

ウォーキング 散歩

セロトニンは生活習慣を見直して規則正しい生活を送り、短時間でも日光浴をする事で増えるとも言われています。ですので、お日様の下でのウォーキングや、散歩などの適度な運動や、軽く泳ぐ事はとても効果的と言えるでしょう。

 

強いストレスをずっと有効うけている状態が続くとセロトニンの現象につながるのでリラックスできる音楽を聴くとか、好きな香りのアロマでリラックス出来る時間を作る事も有効であると言われています。

 

また、ブラックチョコレートに含まれるポリフェノールの一種がセロトニンを増加させるとも言われています。疲れたと感じた時はチョコレートを摂取してみては?

 

⇒ 参考ページ 女性ホルモンをアップする 美肌成分

 

 

 LINEで送る