若年性更年期障害の緩和や予防方法とは?

若年性更年期障害

 

女性の辛い悩みには、ホルモンが関わる問題が多いですよね。

 

代表的な症状が更年期障害や、自律神経が関係すること。体調、美容面だけで精神的に落ち込んだり、やる気が出ない、ずっとカラダやメンタルが乱れ辛い‥などが挙げられます。

 

また人によっては胸が小さい悩みとか、生理不順や不妊など、ホルモンバランスの乱れから起こる女性特有の症状って、非常に数多くありますよね。

 

近年深刻化しているのが若年層でも起こりうる、若年性更年期障害の症状。

 

これは加齢以外の要因で、ホルモンバランスが崩れてしまって起こるのですが、その原因は様々なようです。

 

いくつかあげてみますと、仕事等の強いストレス、不規則な生活や夜更かしなどから十分な睡眠が取れなかったり、極端なダイエット等からくる食生活の乱れ、運動不足など思い当たる事ありませんか?

 

 

若年性更年期障害も女性ホルモンの低下で引き起こす?

女性ホルモン 低下 原因

女性ホルモンは、20代〜30代をピークとしてどんどん減少していきます。

 

またこの頃は女性は結婚や妊娠、出産と女性の環境はどんどん変化しますよね。

 

やっと子育てがひと段落したり、仕事に復帰したりする40代の頃には更に女性ホルモンも減少していき、一般的に50歳前後の閉経近くなると更年期症状を発症する女性は多くいるのです。

 

しかしながら近年では40歳前後、さらには30際前半でも発症する場合もあり、要注意です。

 

40代 更年期障害

通常の更年期障害の原因は、加齢によって卵巣機能が衰退し、その結果卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減少する事です。

 

そして、女性ホルモンのバランスが崩れる事から起こるのですが、その症状は色々あると言われています。

 

ホットフラッシュと言われる火照り、頭痛やめまい、手足の冷え、疲れや倦怠感、むくみ、動悸、イライラや情緒不安定などがあげられますね。

 

症状が重い人は、「うつ」になる方も珍しくは無いので、女性にとっては深刻な問題なのです。

 

若年性更年期障害 予防することは可能です!

若年性更年期障害 予防

若年性更年期の症状の予防、またもしその症状が現れた際、緩和するには、どうしたらよいのでしょうか?

 

まず更年期障害の予防法とは、やはりライフスタイルを見直す事から始めるべきです。最近では骨盤矯正法や最新治療などの対処法も目にしますが、まずは何と言ってもホルモンバランスを整える事を考えていく必要があります。

 

女性ホルモンもエストロゲン成分を、ただ外から補えばよいのではなく、やはりバランスが大切なのです。

 

基本的な予防には、適度な運動と十分な睡眠、そしてバランスのとれた食事をして精神的、肉体的にも健やかなカラダを目指すことと言われています。

 

そうは言っても、日々忙しくストレスは溜まりがち。。まずは少しずつ出来ることから始めてみましょう。

 

今日からできる!簡単セルフケア

若年性更年期障害,若年性更年期障害 予防

簡単なストレッチウォーキングなどの有酸素運動は、成長ホルモンを刺激します。

 

家でデレビを見ながら気持ちよくストレッチまた、一駅分歩いてみる事から始めては如何でしょうか?

 

軽めのダンベルなどを用意し、ちょっとした筋力トレーニングも良いです。成長ホルモンの分泌量の増量に関係しており、適度な運動をする事で酸素や栄養素の増加、質の良い睡眠につながり、間接的にホルモンバランスを整えると解説されてもいます。

 

ホルモンバランスを整えるもはビタミンB6や亜鉛、マグネシウム、オメガ3脂肪酸などが役立つ栄養素と言われてもいるようですね。

 

女性ホルモンに似た働きのある、大豆イソフラボン等も有名ですよね。

 

甘いものや油っぽいものの摂取しすぎは、体重増加や病気にもつながります。健康に気を使って、食事から女性ホルモンを上手に増やすようにしたいですね。

 

こちらではより具体的な、若年性更年期障害の緩和や予防方法について、ご紹介していきます。

 

 



 LINEで送る

 

◆TOP ⇒ ジャムウ通販 ページ

非常に増えている若年性更年期障害 予防するには?記事一覧

セロトニン 増やす,セロトニン 増やす 方法

更年期障害は、閉経前の女性の多くに発症する症状と言われ、程度の違いはありますが、何かしら不調を感じる場合が多いのではないでしょうか。一般的に卵巣の機能が衰える事から、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れ自立神経に影響を及ぼすと言われます。個人差があるので殆ど症状を感じない人もいますが、多くはイライラや倦怠感、ホットフラッシュ、冷え、めまい、頭痛やむくみなど等多くの症状が...

運動 更年期障害 効果,運動 更年期

更年期障害を乗り越えるには、規則正しい生活習慣と、健康的な食生活が欠かせないと言われますね。ストレスを溜めない、睡眠を十分にとる事が大切です。女性は骨粗鬆症になりやすいので、意識的にカルシウムやビタミン群を摂取する事も大切。年齢的にも代謝が落ちて体重が増加しやすいので、男女共に動脈硬化や高血圧、糖尿など生活習慣病も気にしなければいけませんよね。全体的な生活習慣の見直しは、必要になってくるのです。そ...

アルコール 更年期障害,アルコール 更年期 影響

お酒は多少であれば百薬の長を言われるとおり、適量なら体に良いとさえされていますよね。仕事での付き合いや自宅での晩酌などお酒の飲み方も色々ありますが、更年期とお酒って関係があるのでしょうか。更年期と言えば、閉経前後の女性に見られる症状で女性ホルモンであるエストロゲンの減少やストレス、生活習慣の乱れ等からくるホルモンバランスの崩れや、精神的に落ち込む症状でよく聞かれますよね。最近では男性にも更年期があ...