最近耳にする 膣圧とは?

膣 グッズ,膣トレ 方法  グッズ

 

膣圧って耳にしたことありますか?普段から気になるような事ではないのですが、自分のアソコのしまりがどうなのかなんて本人はわかりませんよね。

 

だけどある時、彼氏に「アソコがゆるい」とか「締りが悪い」なんて傷つく事を言われちゃったら悲しくなりますよね。

 

膣圧なんて他人と比べられるものでもないですし、トレーニングの方法なんてわからない!なんて女性も沢山いるのではないでしょうか。

 

実は膣圧って専門クリニックで計ることが出来るらしいんです。だけどいくら専門医と言っても、膣圧を計りたいなんて相談出来ませんよね。

 

専門医ではなくても実は自分でも計る事が出来るのですが、基本的には問題のある女性は少ないのではないでしょうか。ただし、膣圧も出産や加齢などで膣の筋力が衰えてくるものなのです。

 

年齢を重ねると膣圧だけではなく、尿漏れなどの悩みを持っている方もいると思います。筋力の衰えはトレーニングしだいで改善できるので一度トレーニングを試しては如何でしょうか。

 

 

ケーゲル運動(膣トレ)をすると良いことだらけ

女性 ファイト

ケーゲル運動(膣トレ)でアソコの締りだけではなくてスタイルまで良くなるってしってました?

 

膣圧のトレーニングによって血流が良くなり、生理痛も改善されたという女性もいるんだとか。

 

膣圧トレーニングも、通勤途中や普段の生活の中でも簡単に出来る事が多いので、是非試してほしいですね。

 

まずは肩幅ほどに足を開いて肛門をキュッと閉める用量でアソコを締め上げて5秒キープ、息を吐きながら力を抜く事を繰り返し行うだけ。

 

また椅子に座って背筋を伸ばし、坐骨を垂直に立てるような感じでオヘソの下辺りに意識を集中して同じように行ってみて下さい。

 

なんとなく感覚がわからない場合は股の間にクッションやバスタオルなどを挟んで行うとコツがつかめるかもしれませんね。

 

ケーゲル体操や膣トレーニング方法もいくつか紹介されているので参考にしてみて。

 

骨盤底筋群を鍛えると膣圧が強くなる

膣 骨盤

膣圧を鍛えるには一番に骨盤底筋群を鍛える事。

 

骨盤底筋群とは膀胱や尿道、子宮などを支えている筋肉で骨盤底筋が弱まると、尿道や膣圧が弱まると言われるのでこの部分を一番に鍛えたいもの。

 

筋力を鍛えるには姿勢が重要にもなってくるんです。

 

キレイな立ち姿を意識する事、また座っている時も姿勢正しく、インナーマッスルを鍛え背中をスッとキレイに保つように意識していきましょう。

 

他にもスクワットやヨガ、呼吸法など充実したセックスライフを送る為に、近年では「膣トレ」という言葉を意識している女性もかなり多いというリサーチ結果がでているほどなんです。

 

女性として健康の為、元気でキレイにいるためと思って是非試してみて下さいね。

 

⇒ TOPページ ジャムウ石鹸 ランキング

 

 

 LINEで送る