コメ胚芽とは?

コメ胚芽 油,コメ胚芽油 効果,コメ胚芽 油 化粧品

 

コメ胚芽という言葉を聞いたことがありますか?これは油(オイル)のことなんです。

 

米胚芽油(こめはいがあぶら)というこのオイルは、化粧品にも用いられ美肌ケアに効果があると言われています。

 

普段口にしている玄米や白米から採れるものだと想像できますが、いったいどのような効果があると言うのでしょうか?ご紹介致しますね。

 

 

油が化粧品やオイルに?どうしてお肌に良いの?

ハテナマーク

コメ胚芽油とは、名前の通り米の胚芽から取れる油です。

 

玄米から白米に精米される時に取り除かれる、胚芽から抽出される油のことです。あまりベタベタしておらず、しっとりとなめらかな感じがするのが特徴です。

 

お米には美容に効果があるということは、昔から知られているところでしょう。
米ぬかがお肌をつるつるにするとか、玄米は栄養が高いとか‥。美容効果の高いイメージがありますよね。

 

 

こめ胚芽油も同じく、やはり効果が期待できますよね。100%国産の原料で作られていることも特徴です。

 

コメ胚芽油の化粧品は、フェイスケアやボディーの保湿用のオイルとして、またヘアケア成分としてもよく用いられます。
人気のシャンプーやトリートメントの成分に、また保湿効果の高いアソコのケア 石鹸等に、入っていることもありますよ!

 

潤いを与え、しっとり7滑らかなお肌に導きます。

 

 

コメ胚芽油の成分とは?

では、美肌効果があると言われているコメ胚芽油ですが、どのような成分が含まれているのでしょうか?

 

ガンマオリザノールや植物ステロール、リノール酸、オレイン酸、トコトリエノールなどが含まれています。

 

 

これらの成分はとっても優秀で、コレステロール値を下げてくれる効果や、美肌や美白の効果が期待できます。
ガンマオリザノールは、抗酸化作用があり、体の血行をよくしてくれます。ですので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

コメ胚芽油の効果とは?

女医 紹介

生活習慣病が気になる方、またお肌の乾燥や刺激が気になる方には、特に効果を発揮してくれると言えるでしょう。

 

胚芽油化粧品などを使って、美しいお肌を保つことはもちろん大切ですが、内面からも必要な成分を補うことで、より美肌を保つことができます。
そのために必要な成分がセラミドです。そして、コメ胚芽油にはセラミドがたくさん含まれています。

 

お肌の角質層にまであり、水分を蓄えてくれる大切な働きをしているのです。

 

 

お肌は潤いを失ってしまうと、シワやシミ、デリケート肌に傾いたりする原因に。多くの肌トラブルに侵されてしまいます。コメ胚芽油やセラミドを補ってあげることで、みずみずしいお肌を手に入れることができます。身近にある食品なので、手軽に摂取することもできますね。

 

⇒ TOPページ アソコの臭い 対策

 

 

 LINEで送る